2012年02月25日

交通事故による頚椎捻挫の慰謝料ってどれくらい?

交通事故による頚椎捻挫(むち打ち症)は良くあることですが、
その慰謝料ってどれくらい貰えるのでしょう?


私の父の昔交通事故でむち打ち症になりましたが
今と昔では違うので気になり調べてみました。


むち打ち症と言えば、あまり印象が良くない人も多いかもしれません。


その筋の人達が、いつまでも「治らない。痛い。」と因縁をつけて、
多額の慰謝料や通院費を取る・・・なんてドラマや漫画のネタでありがちですよね。



しかし、実際に自分が頚椎捻挫になったら、
やっぱりそれなりの慰謝料を望むのではないでしょうか?


基本的には、むち打ち症は後に症状が酷くなったりする場合もあるため、
特別に国から算出方法が提示されています。


ですから、その算出方法によって計算されることになります。


一般的には、自賠責保険や自賠責保険だけでは不足の場合には、
本人の実費、もしくは、任意保険で支払われることになるのです。


それ以上の慰謝料を求める場合には、
当事者同士で話し合って決める必要があります。
そして、当事者間で話がつかなければ、裁判を起こすことになるでしょう。


一般的に、交通事故による被害者が受け取れるのは、
診療費・交通費・損害費・慰謝料です。


交通費とは通院にかかる費用などで、損害費とは事故によって
仕事を休んで減らされた賃金補填などが該当します。


それに、もちろん、慰謝料だって請求できます。


保険会社が介入している場合には、
保険会社を通して話をすることになります。


保険会社は最終的に「示談」を取り付けなければなりませんから、
あなたが示談書にサインするまでは話し合いに応じてもらえます。


私も数年前に車に接触して肩を打撲しましたが、
その時は、治療費、主婦代行代として保険会社から賠償金をいただきました。


慰謝料は絶対に請求してくださいね。
posted by 頸椎ヘルニアの治療 at 10:25| 慰謝料
頸椎ヘルニアの治療方法〜手術は?〜


置き換えダイエット