2012年02月07日

頚椎ヘルニアは鍼や整体で良くなるの?

頚椎ヘルニアは鍼や整体で良くなるのでしょうか。


頚椎ヘルニアは、主に首・肩のこり、腕の重だるさや痛み、
脱力、筋萎縮、手指のしびれ、知覚障害といった症状が出ます。


症状が激しく、手術をしなければならない場合を除けば、
鍼でこれらの症状を緩和することが可能です。



もちろん、誰でもというわけではありませんが、
多くの人は鍼の効果を実感しているようです。


頚椎ヘルニア
に対する鍼治療では、まず、
どの筋肉が原因で痛みやしびれ、
こりなどの症状が出ているのかを判断し、
それに対応した部位の治療を行います。


では、なぜ、鍼が効果があるのか。それはツボに鍼を打つ<ことで、
その刺激が脳や脊髄といった中枢経路を経て、
エンドルフィン、エンケファリンなどの鎮痛物質が分泌され、
痛みが和らぐためと考えられています。
とはいうものの、効果の出方には個人差があり、
症状の重い人の場合は、効果が出るまでに時間がかかったり、
あまり効果が感じられないこともあります。


一方、頚椎ヘルニアに整体はどうかというと、
こちらも効果があるようです。



整体とは、からだ全体のバランスをとり戻し、
からだの機能を改善し、自然治癒力を高めることです。


加齢や姿勢の悪さが原因で発症する頚椎ヘルニアの場合、
首周りの血液の循環が悪くなっているケースが多いため、
整体では首周りの血行をよくすることからスタート。


そして、背骨や骨盤などのゆがみを矯正していきます。


症状が軽い場合は、1回の施術で効果が実感できますが、
重い場合は複数回の施術を要します。


しかし、回を重ねるごとに症状が改善していく人が多いようです。


鍼にも整体にも言えることですが、決して万能ではなく、
誰にでもよいとは言えません。


また、ヘルニアは一度発症すると完治しないという、
ある意味面倒な疾患です。


たとえよくなっても、油断していると元に戻る可能性があります。


姿勢や普段の生活には、十分注意したほうがいいでしょう。


一度だけ行くのではなく時間は掛かりますが効果はあると思います。
posted by 頸椎ヘルニアの治療 at 06:51| 頚椎ヘルニアの鍼や整体
頸椎ヘルニアの治療方法〜手術は?〜


置き換えダイエット