2012年02月06日

頚椎ヘルニアは漢方で治る

頚椎ヘルニアは漢方で治るのでしょうか。
そんな悩みを抱えている人に・・・?参考にしてください。


頚椎ヘルニア
を発症すると、痛みや知覚神経異常、
しびれなど、さまざまな症状が起こってきます。



頭痛や肩こり、指の痺れなど、
起こる箇所やその症状は人それぞれです。


頚椎ヘルニア
が悪化すると、体温が下がったり、
感覚がなくなったり、震えが起こるなど、
自分ではコントロールできないような状態になることも。


こうなると、外出もままならなくなってしまいますね。


こんなとき、強い味方になってくれるのが漢方薬です。


西洋医学において頚椎ヘルニアの原因は、
ヘルニアにより神経が圧迫されたこととしていますが、
漢方では、淤血(おけつ)が原因と考えています。


淤血とは、粘土が高くなり、血液の流れが悪くなった状態をいいます。


血液の流れが悪くなると、新鮮な酸素や栄養が不足し、
その部分の細胞が正常に働かなくなり、色々な病気の原因になります。


この淤血が原因で、神経に異常をきたし、しびれや痛みなどの
症状が現れている、というのが頚椎ヘルニアに対する漢方の考え方です。


特に、長期間、頚椎ヘルニアで悩んでいる人の場合、
血液の流れに澱みが生じ、血液本来の働きがなされていないというわけです。



よって、漢方では、この淤血を取り除き、新鮮な血液が流れるようにすること、
そして、淤血が生じやすい体質を改善することが目的となります。


実際、痛み止めやブロック注射が効かなかった人が漢方で
よくなったということもあるようです。


一般的な漢方薬としては、「冠元顆粒」「独歩丸」などがありますが、
詳しいことは漢方医に相談してみるいいでしょう。


ただし、誰にでも効果があるとはいえず、
人によっては整体や運動療法がよかったといういうこともあるので、
色々と試してみるといいかもしれませんね。


また漢方は薬ではないので即効性はありませんが、体に良いと思います。


posted by 頸椎ヘルニアの治療 at 10:34| 頚椎ヘルニアの漢方
頸椎ヘルニアの治療方法〜手術は?〜


置き換えダイエット